若いエステティシャンと性格が合わない理由

若いエステティシャンと話が合わない理由

若いエステティシャンがなぜ苦手だったり、合わないのか

アロマエステやエステサロンに通う女性は、若いエステティシャンとそりが合わない、生理的に受け付けないと感じている人も少なくないでしょう。なぜ、若いエステティシャンとは話が合わないのか詳しく見ていきましょう。

若いエステティシャンとは話題の共通点がない

まず、若いエステティシャン、たとえば自分の娘や孫のような世代だと、そもそも見ているテレビも趣味も違うので、話が合わないのです。だから、話をしようとしても、会話が続かずつまらないのです。話をしようとしても、こちらがあえて話題を合わせたりしなければいけず、苦痛なのです。だから、若いエステティシャンとは心を開いて話すことが難しいです。

若いエステティシャンは技術力が乏しい

そもそも若いエステティシャンは経験が浅く技術力が乏しいので、心行くまでエステを興じることができません。美への意識は強いかもしれませんが、技術力がついていっていないのです。だから、本当のエステを受けることがなかなかできません。

若いエステティシャンは自分の話ばかりでお客の話を聞かない

また、若いエステティシャンは自分の話ばかりする傾向にあり、お客さんの話を聞いていません。たとえ、聞いているようにしても、ふりだけで、頭に入ってはいないのです。だから、若いエステティシャンとは本当の話がしづらいのです。

若いエステティシャンは自分勝手が多い

若いエステティシャンは自分勝手な思考も多く、本当の意味でのお客様対応ができていないこともあります。お客さんがどういう風に考えているのか、若いエステティシャンは考える余裕がないので、満足なエステが受けられないこともあります。

若いエステティシャンは人生経験が乏しく相談できない

最大のデメリットは、若いエステティシャンは人生経験が浅いことです。なので、相談することができないのです。エステを受けていると、人生相談などしたいこともあります。けれども、若いエステティシャンは人生経験が浅いので、相談しても的確な答えが返ってこないのです。

やはり人生経験も積んだエステティシャンが良い

以上のことから、若いエステティシャンにエステをお願いすると性格が合わなかったり、話が合わないこともあります。なので、ある程度人生経験を積んだエステティシャンのお店に通う方が良いのです。そういう意味では東京都西東京市東伏見のHappyTime(ハッピータイム)はオススメです。エステティシャンは人生経験を多く積んでいる人なので、技術力はもちろんのこと、様々な人生相談に乗ってもらえます。

しかも、優しくお客さんを気遣いながら接してくれるので、大変満足してエステを受けることができます。若いエステティシャンや他のエステサロンに不満や満足できないことがあるならば、一度HappyTime(ハッピータイム)に通ってみると良いでしょう。オーナーの優しさやお店の雰囲気に満足できるかもしれません。

東伏見にあるHappyTime(ハッピータイム)はこちら!

西東京市東伏見にあるオススメのエステサロン、HappyTime(ハッピータイム)はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です